三菱東京UFJカードローン「バンクイック」

「バンクイック」について

「バンクイック」とは

「バンクイック」は三菱東京UFJのカードローンです。

 

借り入れ融資額は最高500万円で、実質年率1.8%〜14.6%です。
審査に無事通過し、契約が完了すると、カードが発行されます。
受け取った「バンクイック」のカードを用いて、三菱東京UFJ銀行・提携しているコンビニエンスストアのATMで利用することができます。

 

返済方法は、自動支払い・ATM・指定口座などがあります。
返済期日は、35日ごと・毎月の指定日などのいずれかを選ぶことができます。

 

「バンクイック」で借り入れ可能かどうか不安な方は、公式サイトにある「お借り入れ診断」をまず試してみましょう。
簡単な質問に答えるだけでスピーディーに診断してくれます。

 

「バンクイック」の条件・必要書類について

「バンクイック」に申し込める条件は、

  1. 年齢が満20歳以上、65歳未満の方
  2. 国内に居住されている方(外国籍の方は、永住許可を受けている方)
  3. 原則として、安定した収入がある方

となっています。

 

現在、仕事に就いて、勤務年数が長くなっているなら、審査に有利になるでしょう。
金融事故を起こしたことがある方は、信用情報に記録が残っています。まずは返済可能な額で申し込みましょう。
返済能力に問題がある人にお金を貸すことはまずありません。
限度額を低く申し込めば、貸す側も、確実に返済してくれると判断し、審査に通りやすくなるかもしれません。

 

最初は、借り入れ可能な限度額が少ないと思うかもしれませんが、まずは、確実に返済して、信用してもらうことに努めましょう。
無理な借り入れをして、信用情報に傷がつかないように気を付けていきましょう。

 

「バンクイック」の審査に通らない理由

「バンクイック」は銀行系のカードローンなので低金利で利用が出来ると人気があります。
誰でも低金利のカードローンで借り入れたいものです。

 

では、実際に借り入れるためには、どのような手続きをしたら良いのでしょうか。
まず、カードローンに申し込んで、審査に通らなければなりません。
誰もが審査に通るわけではありません。審査に通る人と、通らない人がいます。

 

審査に通らない理由とは?

  • 無職の方
  • 金融事故を起こしたことのある方
  • 複数のカードローン会社からの借り入れている方

これらの方は、返済能力が無いとみなされます。

 

審査に通りやすくするには?

現在無職の方は、安定した収入が得られるようにしましょう。
勤務期間は長い方が審査に通りやすいので、最低でも半年は同じ会社に勤務してから再度申し込むようにしましょう。
次に、金融事故を起こしたことがある方、つまり、返済を滞らせたことがある方ですが、まずは、返済していない分の支払いを終わらせることが大事です。
借り入れを滞納している状況で、新たに「バンクイック」に申し込むなら、審査に通ることは難しいでしょう。
複数のカードローン会社から借り入れている方は、借り入れ先を1社でも減らすようにしましょう。そうすることによって、審査に通りやすくなると考えられます。

 

ブラックの人は「バンクイック」に申し込めるのか?
ブラックの人というのは、これまでに借り入れを返済せず滞納したり、債務整理をしたりと、何らかの金融事故を起こしたことがある人のことを指します。
過去において金融事故を起こしたことがあったとしても、一定の期間が経過しており、信用情報に問題が無ければ新たにカードローンに申し込めるでしょう。
審査され、基準を満たしているならば審査に通過できますので、借り入れもできます。
しかし、現在まさにブラックという方がカードローンに申し込んでも、残念ながら断られる確率が高いでしょう。

 

 

 

「バンクイック」で増額を希望するなら

 

「バンクイック」の借り入れ融資額は最高500万円です。
しかし、最初から最高額の500万円まで融資可能ということはなく、
銀行で定められている規定により、収入に応じて融資可能額が決まります。

 

少額借り入れて、きちんと返済がなされていくことが確認されると信用につながり、少しずつ融資額を増額していくことができます。

 

増額するための条件として、

  • 適正な利用を続けているか

借り入れと返済を繰り返して信用してもらうことが必要です。

  • 利用期間はどのくらいか

「バンクイック」では、1年程度適正に利用されているかが重要とされています。

 

という2点があげられます。

 

さらに増額で審査される内容は、申し込み時の審査よりも厳しいものとなっています。
増額には、最初に申し込んだ時以上に、収入・勤続年数などを細かく調べて、融資額に見合った収入かどうかをチェックされます。
増額審査の結果は、基本的に翌日、電話による回答となります。
実質年率は1.8%〜14.6%ですが、融資額が大きいほど実質年率は下がっていきます。
増額してもらえるのであれば、増額してもらった方がお得になりますので、トライしてみましょう。
ただし、審査結果が良く、増額できる場合もあれば、残念ながら同額、評価が下がってしまえば融資額も減額されてしまうことになります。
はじめて申し込んだ時と状況が変わってしまった方、たとえば、仕事を変えた、収入が下がった、他社からの借り入れがある、という方はかえって評価が下がってしまう可能性があります。

 

バンクイックを利用する。審査に通るためには〜増額はできるのか〜

増額申し込みの方法

「バンクイック」のカードローンの増額は、

  • 「バンクイック」から尋ねられる
  • 自ら申し込む

 

2つの方法をとることが出来ます。

 

「バンクイック」から尋ねられた場合は、希望するという旨を伝えるだけで良いですが、
自ら申し込むには、第二リテールアカウント支店専用フリーダイヤルに電話をかけるか、会員登録されている方は専用会員ページにログインして申し込むことができます。
再審査が必要になりますので、必要書類を用意して、増額のための再審査を受けることになります。
年収が増えたという方は、そのことを証明できる収入証明書を提出すると、審査に通過しやすくなるでしょう。

 

意外に思われるかもしれませんが、定期的にカードローンを利用していることが増額審査に有利に働くということでした。
そして、返済がきちんとなされているかという点も重要ですので、きちんと守っていきましょう。

 

増額の審査とは

増額していただくために、信用されているかということが大切な要素となってきます。
信用されるために、どんなことができるでしょうか。それは「バンクイック」と取り引きしていることです。
融資額の範囲内で借り入れて、確実に返済されているが確認されると信用につながり、融資額を増額していくことができるようになります。
増額してもらうためには、適正な利用を続けていることが大切です。
そのために、借り入れと返済を繰り返して信用してもらうことが必要です。
さらに、利用期間という点も大切です。「バンクイック」では、1年程度適正に利用されているかが重要とされています。
その点をクリアしているようなら増額に申し込んでも大丈夫かもしれません。
増額の審査で調べられることは、申し込み時の審査よりも厳しいものとなるようです。
なぜなら、最初に申し込んだ時は、情報が無い中で少額の融資額が決まりましたが、増額はある程度の取り引きがある中で、希望の融資額に見合った収入を得ているかがチェックされるからです。収入・勤続年数などを細かく調べて、決定されることになるでしょう。増額審査の結果は、基本的に翌日、電話による回答でスピーディーに行われます。